火災蓄煙:プリュームシミュレーション

解析の詳細

・解析の概要
 熱源を持つ火災をRANS以外の乱流モデルで実施してみました。ここでは弊社独自のハイブリッドスキームを使用するDNS (DirectNumerical Simulation) 乱流モデルでのシミュレーション結果を提示します。地盤に熱源を設定しただけの簡単なモデリングですが、仮想火源からの開き角も再現してのプリューム熱対流の状況を刻一刻と克明に表現できます。
 このプリューム熱対流のシミュレーションが出来るという事は、火災だけでなく煙突やチラーからの排気なども正確に解析出来るということに繋がり、その応用範囲は皆さんが思っている以上に大きいものと考えられます。
・お問い合わせ

    各種お問い合わせ、ご相談、資料請求などございましたら、
    お気軽にお問い合わせ下さい。
    TEL : 03-5823-3561~3 (9:30~17:30)

          e-mail : info_e-sim@env-simulation.com

     

  • お問い合わせ・資料請求へ