クラウドサービス「WindCloud(ウインドクラウド)」とは

WindCloud(ウインドクラウド)とは建築・土木業界向けに設計・開発された3次元熱流体解析ソフトウェア・WindPerfectをクラウド上で操作可能なクラウドサービスです。

 クラウドサービスは、新しい時代の科学技術計算ソフトウェアの提供方法と弊 社では考えております。
「クラウド」はインターネットを介してネット上の仮想マシン(コンピュータ)を使う行為の総称で、実際に自社でサーバーを購入し て運用する「オンプレミス」の対極にある言葉です。
 クラウドは既に我々にとって身近なものになっています。 例えば我々が日常 使っているアンドロイドやiPhoneなどのスマホを例に挙げると、地図や天気予報 などいろいろなアプリで見ることの出来るデータは、実はスマホ上には無いのが 分かります。 それどころか、普段使っているメールにデータそのものがスマホ 上には無く、メールを開封する操作をするたびに総てサーバーからダウンロード されています。 我々は知らず知らずのうちにクラウドの恩恵を少なからず被っ ていたのです。  このようなクラウドを、我々が普段仕事して実施している数値シミュレーショ ン業務の立場で見るとどうなっているのでしょう。 最大の長所は、クラウドに させる作業の形態や規模によってそれに合わせてネット上に構築したコンピュー タやサーバー(仮想マシン)を利用出来ると言うことでしょう。 更に良いとこ ろは、その仮想マシンを購入したり環境を一から構築することをしなくても利用 出来るという事です。
 今回私どもが提供するサービスは、私どもが開発した建築土木業界向け熱流体 解析ソフトウェア「WindPerfect」をクラウド上に載せて、VDIと言う仕組みを通 してあたかも目の前に「WindPerfect」を搭載した高性能PCがあるかのように使 うことが出来ます。 インターネットに接続出来れば、CPUやメモリー・グラ フィックボードなど皆さんが使うPCは高性能である必要はありませんし、バー ジョンアップのたびにソフトを入れ替える必要もありません。これらを総て従 量制料金で利用頂けます。ソフトウェア購入ユーザへの割引サービスも用意し ております。
 WindPerfectの新バージョンは、使いやすさと計算速度が更に向上し、ユー ザの皆さんの解析作業を非常に強力に支援します。 クラウド利用の為のマニュ アルを整備しましたし解析ガイダンス用のムービーを作成しました。 希望者に はソフトウェア講習やハンズオンも実施します。 
 私どもはこのサービスを「WindCloud(ウインドクラウド)」と呼ぶ事にしました。 クラウドサービスの新しい世界にようこそ。

WindCloud(ウインドクラウド)の利点

1.使った分だけお支払い頂く従量制料金.
2.コンピュータ購入費用が不要.高価なハードウェアは不要.
3.ソフトウェア導入費用も不要.保守の手間も不要で常に最新版を利用.
4.業務量の規模に合わせて簡単なものから大規模な解析まで柔軟に利用可能.
5.手元で使うPCはメモリやグラフィックボードなど低スペックでも利用可能.
6.インターネット環境とPCさえあればどこからでも利用可能.
7、ネット上でマニュアルや利用ムービーへのアクセスが可能.
8.入力データ・結果データを上でも手元でも保存可能.

Cloud(クラウド)利用イメージ

1.使った分だけお支払い頂く従量制料金.
2.コンピュータ購入費用が不要.高価なハードウェアは不要.
3.ソフトウェア導入費用も不要.保守の手間も不要で常に最新版を利用.
4.業務量の規模に合わせて簡単なものから大規模な解析まで柔軟に利用可能.
5.手元で使うPCはメモリやグラフィックボードなど低スペックでも利用可能.
6.インターネット環境とPCさえあればどこからでも利用可能.
7、ネット上でマニュアルや利用ムービーへのアクセスが可能.
8.入力データ・結果データを上でも手元でも保存可能.

結果可視化例
  • 断面分布表示

    壁体内熱伝導-流体連成解析

  • 表面速度ベクトル

    イベント施設ヒートアイランド解析

  • 表面分布

    都市街区風荷重解析

  • モニター表示

    加熱炉内熱気流解析

  • パーティクル (粒子) 表示

    冷蔵庫空調解析

  • 等値面 (Voxel) 表示

    煙突汚染物質移流拡散解析

BIM・CIMデータ対応

 

STL: 機械・電子系でも使われるポピュラーな形式

DXF: 建築系の標準形式. 9割以上を読込み可能

IFC: BIM専用形式. 設備IFC対応予定

GIS (地図情報): パスコ,国際航業など

国土数値情報: 政府が提供する標準地盤データ

CFDパーツ: 自社開発及び空衛学会CFDパーツ

連携可能なCADソフトウェア: Revit, AutoCAD, GLOOBE, MicroStation,
               VectorWorks, ArchiCAD, SketchUp, CATIA等

対応クラウドサービス
お問い合わせ
       

      各種お問い合わせ、ご相談、資料請求などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
      TEL : 03-5823-3561~3 (9:30~17:30) / e-mail : info_e-sim@env-simulation.com

       

    • お問い合わせ・資料請求へ