通風:PCK(ドンナイ幼稚園) 通風解析

解析の概要

PCK_West2_VelocityVector(1F)2

風向W 平面速度分布+ベクトル表示

PCK_SouthWest2_VelocityVector(1F)1

風向SW 平面速度分布+ベクトル表示

【PCK(ドンナイ幼稚園) 通風解析】

 3つ目の事例はギア氏設計の大型施設の通風シミュレーションになります。学校建築なのですが、らせん状にに花びらのようにループを描く美しい意匠を持っていまして、この建物形状で、内部の各教室・施設で通風が良いかどうかが重要な設計のポイントになります。

 

【上記画像の説明】

 実際に、CADデータから各教室等の間仕切りまで再現しての通風シミュレーションを実施したところ、想定されるいくつかの風向について、ほとんどの教室が期待される通風性能を満たしていることが分かりました。 所定の風に対しての建物の向きを工夫したり、開口の位置を調整するなどで大型建築でも通風性能の良い建築を実現することは十分可能です。

解析の詳細

     


    風向W 1F平面速度分布+ベクトル表示

     


    風向SW 1F平面速度分布+ベクトル表示

     


    風向W 2F平面速度分布+ベクトル表示

     


    風向SW 2F平面速度分布+ベクトル表示

     


    風向SW 表面速度分布表示

     


    PCK1
    >> 画像をクリックして拡大図をご覧ください。

     


    PCK2
    >> 画像をクリックして拡大図をご覧ください。

・解析の内容
実際に、CADデータから各教室等の間仕切りまで再現しての通風シミュレーションを実施したところ、想定されるいくつかの風向について、ほとんどの教室が期待される通風性能を満たしていることが分かりました。 所定の風に対しての建物の向きを工夫したり、開口の位置を調整するなどで大型建築でも通風性能の良い建築を実現することは十分可能です。

  • hn01 解析モデル図

  • ・お問い合わせ

      各種お問い合わせ、ご相談、資料請求などございましたら、
      お気軽にお問い合わせ下さい。
      TEL : 03-5823-3561~3 (9:30~17:30)

            e-mail : info_e-sim@env-simulation.com

       

    • お問い合わせ・資料請求へ